激安!トイレリフォーム業者ランキング

       

トップページ > トイレリフォームの豆知識 > トイレのリフォームは機能と費用で選ぶ

トイレのリフォームは機能と費用で選ぶ

 トイレは毎日使うので、できるだけ使いやすく清潔に保ちたいところです。特に、古い家のものは洋式ではなく、和式になっているため高齢者にとってつらいことも多いです。
 そこで、リフォームをすることによって和式から様式に変更ができ、立ち座りが楽になるだけでなく快適にすることができます。そして、便器のメーカーや機能も選ぶことができます。
 最近は、便座ヒーターが内蔵されているものが多く、これにすることによって冬でも快適にすることができます。今までの便座ヒーターは電源を入れえておくと使わないときでも温めていましたが、最新のものではふたを開けた瞬間に急速に温めるという方式のものがあり、無駄に電力を使わなくて済みます。
 そして、ウォシュレット付きの便器にすることによって清潔に保つことができ、乾燥機能もあるタイプもあります。しかも、便器掃除をあまりしなくてもいいように加工されているものや、流す水の量を抑えてくれるものなどもあります。

 
 そして、単純に今ついているものと同じ便器を交換するのであれば、一日ほどで行うことができます。タンクが別にあるものに関しては、配管工事などを新たにすることも必要があります。そして、工事費用としては状況によりますが、3万円程で行ってもらえます。
 しかし、和式から洋式に変更するには既存の便器の撤去と配管の工事も必要になるため、10万円以上必要になります。そして、工期としては最低二日は必要になります。そして、便器自体の価格ですが、便座ヒーターが内蔵されているもので安いものは5万円程で購入できますが、先ほどもあったように瞬間的に便座を温めるものやウォシュレットタイプは15万円程します。それにプラスして工事費用が必要となります。


 最近は、インターネットで簡単に見積もりができるところもあり、要望に合わせて金額を調べることができます。
 そして、リフォームをするうえで便器だけを交換するのではなく、床材を新しくしたり、壁紙も新しくすることによって新鮮な気持ちになることができます。そして、老後のことを考えて手すりなども新設することによって、立ち上がりなどを楽にすることができます。
 そして、床材や壁紙に関しても機能性が高いものがあり、消臭効果があるものや音を抑える防音効果があるものもあります。そして、便器の交換をすると古い便器の跡が残ることもあるので、サイズをしっかりと確かめて必要に応じて依頼をすることが必要です。

ページトップへ