激安!トイレリフォーム業者ランキング

       

トップページ > トイレリフォームの豆知識 > トイレのリフォームは清潔感優先で考えましょう

トイレのリフォームは清潔感優先で考えましょう

どこの家にも必ずあるのがトイレでしょう。
しかし、いかに最初は新しくても必ず古くなりますし、独特の嫌な臭いがついてしまうのは免れません。
また、便器自体も長年使用することによって、お尻の洗浄機能が壊れたりしてしまいがちです。
そんな時に考えるのがトイレのリフォームですが重視しなければならないのはどんなことでしょうか。
トイレというのは唯一、一人になれてリラックスできる空間であると言われます。
長い人ですと30分とか1時間、新聞を読んだり読書をする人もいるようです。
そうなると求められるのが清潔感と明るさではないでしょうか。
適度な広さと明かり取りのための窓は必須です。
さらに中に入れば、人を感知して便座が開き、終わったら自動で流れるという便利な機能も、今では当たり前のようになってきています。
請け負ってくれる業者はたくさんあります。
見積もりをしてもらって、よく検討して決めるのがいいでしょう。



トイレのリフォームで得られるメリットとは

昨今、トイレの清潔さや機能、そしてデザインなど魅力的な商品が多く展開されていることもあり、リフォームの需要が増えています。
そこでここでは、リフォームをすることで得られるメリットをいくつかご案内いたします。
まずは、節水を期待することができます。
実は家庭の中で最も水を使用するのはトイレと言われています。
そこで、メーカーの技術革新によって10年前のの半分以下の水量で水を流すことができるようになりました。
そのため、家庭によっては年間で10,000円以上も水道代を削減することが可能となります。
次に、掃除がこれまでよりも簡単になることが挙げられます。
フチなしやタンクレスなどにより、便器の中の汚れやトイレの後ろ側の汚れを楽に掃除することができます。
また、特殊な表面加工によって汚れを付きにくくするといった効果もあります。
メーカーによって嬉しいメリットが異なるので、リフォームをする際にはいくつか比較してみると良いでしょう。



トイレのリフォームするときに気づかない注意事項

トイレは狭い水回り箇所でリフォームするときには注意が必要です。
リビングや廊下をパイン材の無垢のフローリングにしたときに一緒にトイレも一緒に床材をパイン材の無垢材にリフォームにすると黒ずみが発生してしまいます。
便器周辺の床はアンモニアが飛んでしまったり、洗剤など広範囲に飛び散ってしまうことが原因で黒ずんでしまいます。
無垢材などはナチュラルで他の部屋と同じような雰囲気になりますが黒ずみは汚さをイメージしてしまうため、トイレには別の床材を使ってリフォームすることがおすすめです。
スペースを狭くしてしまうと掃除がしにくくなるだけでなく、また実際に使用するにも不便です。
スペースを取れない場合にはタンク付き便器を利用すると奥行きのスペースが取られてしまいます。
狭いスペースしか取れない場合にはタンクレスタイプの便器を選ぶなど工夫をしてスペースの確保がおすすめです。

次の記事へ

ページトップへ